So-net無料ブログ作成

民間人校長採用予定者に逮捕歴、就任辞退(読売新聞)

 横浜市教委が今春、民間人校長として採用予定だった元会社員男性(52)が、昨年7月にバスの車内で女性の胸元を撮影したとして、神奈川県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕されていたことが13日、わかった。

 男性は「一身上の都合」を理由に校長就任を辞退した。

 市教委によると、民間人校長の公募には186人が応じ、書類選考や2回の面接を経て男性を含む5人が就任予定だった。昨年12月下旬の公表後、「男性が逮捕されたことが新聞に出ている」と匿名の通報があった。市教委に対し、男性は逮捕の事実を認めたという。

 県警などによると、男性は同7月22日、横浜市内を走行中のバス内で、女性の胸元をカメラ付き携帯電話で撮影した。横浜地検は同8月14日、示談の成立などを考慮し、男性を不起訴処分(起訴猶予)とした。

 市教委は「本人から申告がない限り、逮捕歴の把握は困難。倫理観に頼るしかない」としている。

死の「度胸試し」9階手すりから高1転落(読売新聞)
石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)
わいせつ容疑の整復師、不起訴不当=「被害者供述、不自然さない」−横浜検審(時事通信)
参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)
九州・3県で 5市長選告示 宮崎市など(西日本新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。