So-net無料ブログ作成

代替フロン 中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)

 二酸化炭素(CO2)より強い温室効果を持つ代替フロン類について、中国から大量に排出されていることが横内陽子・国立環境研究所室長やノルウェー大気研究所の分析で分かった。中には世界の排出量の約7割を占める気体もあった。中国は世界一のCO2排出国になったばかりだが、他の温室効果ガスについても削減対策が迫られそうだ。

 エアコン冷媒などに使われてきたオゾン層の破壊物質「特定フロン」はモントリオール議定書に基づき大幅に削減された。一方で、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)類やハイドロフルオロカーボン(HFC)類への代替が進み、大気中濃度が上昇しているが、詳しい排出実態は不明だった。

 研究チームは日中韓の4地点で代替フロン類の濃度変化を観測するとともに、既存の排出データなどを含め東アジアでの08年排出量を推定した。

 その結果、CO2の1万4800倍の温室効果がある「HFC23」は中国が世界全体の排出量の51.7%を占めることが分かった。また、半導体生産などに伴って排出されるパーフルオロカーボン(PFC)類で約1万倍の温室効果を持つ「PFC318」は70.3%だった。他の大半の代替フロン類も中国由来が世界の2〜4割、東アジアの5〜9割を占めた。

 HFCやPFCは、温暖化防止のための京都議定書で規制対象になっているが、途上国に分類される中国には削減義務が課せられていない。【江口一】

【関連ニュース】
電動自転車:CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市
温室ガス:削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
温室効果ガス:削減目標達成しても2割増−−独研究チーム試算
CO2排出量:京都議定書初年度、41業種4割で増加

首相動静(5月17日)(時事通信)
<愛知・嘱託殺人>68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決(毎日新聞)
【風】体調より「感染差別」が不安(産経新聞)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
<不同意堕胎>薬品の持ち出し 調査を開始…慈恵医大病院(毎日新聞)

<東北道8人死傷>運転の29歳男性、書類送検の方針(毎日新聞)

 岩手県八幡平市中ノ平の東北道下りで昨年9月、乗用車が中央分離帯に衝突し、乗っていた男性8人が死傷した事故で、岩手県警は13日にも、車を運転していた東京都の団体職員の男性(29)を自動車運転過失致死傷の疑いで盛岡地検に書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、この男性は昨年9月6日午後0時半ごろ、同僚や友人らを乗用車に乗せて青森県の八甲田山に向かう途中、中央分離帯に衝突。同乗していた福島県伊達市の神職(26)、神奈川県秦野市の神職(39)、東京都港区の大学2年生(20)の計3人を死亡させ、同区の大学1年生を重体にしたなどの疑いが持たれている。

【関連ニュース】
GW:Uターンラッシュがピーク、高速道大渋滞 5日まで
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
GW:全国の高速で渋滞予測 最長45キロも
渋滞:上りのピークは3・4日−−県内の高速道路 /埼玉
GW:JRの利用客増加 高速道路、30キロ以上渋滞53回

09年度の官房機密費、1621万円を返納(読売新聞)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
首相動静(5月9日)(時事通信)
海上の安全願う大田区の水神祭(産経新聞)
訪問介護の院内介助、必要に応じて算定可能―厚労省(医療介護CBニュース)

介護報酬「過払い」判明、国と県が特養論争(読売新聞)

 埼玉、群馬県内の7か所の特別養護老人ホームで、県が個室の介護報酬の算定方法を誤って解釈していたために、約2億円の報酬の「過払い」が生じていることが29日、わかった。

 厚生労働省は、同様の自治体がほかにもあるとみて、過払いの経緯や金額などについて調査を始めた。解釈ミスの背景には、個室化を推進する国と、低所得者向けに相部屋も必要だとする自治体との対立の構図もあり、施設整備の方向を巡る議論が活発化しそうだ。

 介護報酬の過払いがあったのは、埼玉県内5か所、群馬県内2か所の特養。いずれも2006〜09年の開設で、4人部屋が中心の「相部屋」部分と、個室で、入居者を10人程度のグループに分けて介護する「新型」部分とが併設されている。

 居住性を高めた新型は介護も手厚いため、介護報酬は、1人1日あたり約80円〜約800円高く設定されている。新型の報酬が認められるのは原則、全館新型の特養だけだが、埼玉、群馬両県は、併設型の新型部分にも認められると誤って解釈していた。過払い額は、最大で見積もって合計約2億700万円。入居者が施設に払う家賃も、1人1日最大820円多く徴収されていたことになる。

 厚労省は居住性を高めるため、02年度に特養を作る際は全館新型を基本とする方針を打ち出した。しかし、相部屋に比べ個室は家賃が高く、低所得者が利用しにくい。待機者解消にも結びつきにくいことから、国の方針に反して併設型を計画する自治体が増えている。

 埼玉県は「厚労省の見解は、相部屋のニーズが高まっている現状に合っていない」と反発。5施設に介護報酬の返還は求めず、今後も新型の報酬を適用する方針だ。群馬県は「施設への影響が大きいだけに対応を検討中」としている。

 一方、厚労省は「介護報酬は全国一律の基準で支払われるため、県独自の解釈は許されない」(老健局高齢者支援課)との立場。過払い分の返却方法などについて、近く両県と協議を始める方針だ。

 ◆介護報酬=介護サービスの公定価格。利用者の自己負担(1割)を除き、保険を運営する市町村が事業者に支払う。財源は税と保険料。特養の場合、国の規定に基づいて都道府県が事業者を指定し、事業内容に応じた介護報酬が支払われる。

高1ら空き巣容疑の少年3人逮捕 一人は「別に」と反省の弁なし(産経新聞)
<普天間移設>「国外・県外」の決議案採択 沖縄県民大会(毎日新聞)
時効廃止 世論の力感じた…被害者遺族ら(毎日新聞)
使途は地方の自由裁量に=補助金の一括交付金化で−鳩山首相(時事通信)
<現金発見>清掃工場のごみの中に680万円 宮崎県延岡市(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。